物件探しと資金計画

MENU

「物件探し」〜「資金計画」編

マイホーム購入の流れを大きく4つのステップ(@物件探し、A資金計画、B購入、C引き渡し)に分け、それぞれのポイントをご紹介します。

 

まず、前半の「@物件探し〜A資金計画」についてです。

【ステップ1】物件探し

「物件探し」は、まず情報収集(気にいったところの資料請求)からです。そして、実際に見学します。

 

情報収集

情報収集は、やはりインターネットが便利です。全国の有力不動産会社の情報を幅広く検索できるサービスを提供しているサイトがあるので、そういったところを利用するのがよいでしょう。仲介手数料無料の物件も見つかるかも知れません。

 

気にいった物件の資料請求

気にいったところが見つかれば資料請求します。この段階で候補物件を絞り込みすぎると、チャンスを逃してしまう恐れがあります。希望に合うものだけでなく、エリアや予算などの条件を少しずつ変えて、複数の物件を資料請求しましょう。

 

資料請求は無料です。できるだけたくさん請求して候補物件を増やしましょう。

 

候補の物件を絞り見学

人生で一番大きな買物です。気になる物件があれば何件でも見学に行きましょう。多くの物件を見ることで、判断基準が明確になり、また物件価格の相場が分かってきます。

 

【物件見学のポイント】

  • 資料では分かりにくい点、現地に行かないと分からない点を重点的にチェックしましょう。

    ⇒ 内装、設備の使い勝手、街や住人の雰囲気、交通量や騒音、商店の有無など。

  •  

  • 気にいった物件は、見学した日と違う条件や状況でもう一度見学しましょう。

    ⇒ 日が暮れた後の様子や、天気の良い日の日当たりなども確認しておくと良いでしょう。

【ステップ2】資金計画

支払総額(諸費用も含めて)を明確に

物件価格以外の諸費用・税金などについても、不動産会社に確認し、必要な金額・内訳、支払総額を明確にしておきましょう。

 

  不動産購入時の諸費用について詳しくはこちら

 

ゆとりある返済プランを立てよう

住宅ローンの返済プランは、次の点に注意が必要です。

  • 趣味・旅行・教育費などを考慮に入れてゆとりあるものに。
  • 返済額を年収の20〜30%以下に抑える。
  • ボーナス時の返済に負担を掛け過ぎない。
  • 残業手当などの不定期収入をあてにしない。

その他にも、家族から資金援助を受けて相続税の優遇措置を利用したり、低利な公的融資を利用するなど、住宅購入の際に優遇される制度や公的融資などの利用を積極的に検討しましょう。

 

不動産購入ガイド(物件探し〜資金計画)