部屋探しによい時期

MENU

お部屋さがしにいい時期は?

お部屋探しをするのは、進学、就職、転職、転勤、結婚、出産など人生の転機の時期。それに合わせて賃貸物件も動きます。

 

物件が比較的豊富な時期は?

新生活の始まる年度変わりの1〜4月ころと、秋の9〜10月ころに多く出回ります。

 

もっとも物件が多いのは1〜4月ころ

1〜4月は3月をピークに最も物件が出回る時期です。4月からの新生活にあわせて供給も需要も年間で最も多くなります。

 

新築物件情報が一番多いのもこの時期です。募集条件が決まるのが早いものだと12月ころですから、新築物件情報は12月〜3月に多く出てくるのです。新築にこだわって住み替えたいのなら、12月からお部屋探しを始めることが成功の秘訣です。

 

物件数が多ければ、それだけ自分が気に入った物件に出会える確率は高くなるのですが、探す人も多いのがこの時期。この時期の部屋探しは、とてもあわただしくなります。問い合わせをしたら、「その物件はもう決まりました」と言われることも少なくありません。

 

良い部屋はどんどん決まっていきますから、決断力と行動力をもって部屋を探すことが重要です。

 

オン・シーズンのデメリット
  • 不動産会社がいつも混み合っていて、相談するまでに時間がかかる。
  • 担当者が、なかなかつかまらない。
  • 十分な接客をしてもらえない。
  • 部屋をしっかり下見してチェックする時間がない。
4月の中旬以降は物件探しの穴場!

4月中旬になっても借り手がない物件は、下手すると、1年中空室になってしまう可能性があります。そのため、大家さんや不動産会社は、家賃を下げたり、礼金をなくしたり、設備をよくするなど、あの手この手を使って必死に4月中に空室を埋めようとします。

 

そういう意味で、4月は物件探しの穴場的な月といえます。交渉次第で、借り手に有利な条件に持っていくことも可能です。

 

次に物件が多いのは9〜10月ころ

1〜4月に次いで多いのが、秋の9〜10月ころ。秋には会社の異動による転勤や結婚シーズンなどで物件が多く動く時期です。

 

「ジューンブライド」 という言葉から、6月に結婚する人が多いように思われますが、結婚する人が多いのは、実は10、11月ごろです。ですから、この時期には、シングルタイプの空室が出て、カップルタイプの需要が高まります。

 

じっくり探せて、家賃交渉の余地もある時期は?

5〜8月ころ、特に夏場は物件数は少なめです。お部屋を探す人も少ないですよね。不動産会社にとってはオフ・シーズンです。ヒマになります。しかし、不動産会社も契約を取らないといけません。

 

なので、この時期に不動産会社へ行けば、「待ってました〜」とばかりに対応が全然違います。とても親切に対応してもらえます。

 

大家さんも「あと2,000円家賃を下げてもいいよ〜」と寛大になることも少なくありません。また、エアコンなしの部屋にはエアコンをつける、鍵の交換を無料でしてもらう、などの交渉も成功する可能性が高くなります。

 

さらに、この時期は引越しもおトクにできます。引越しシーズンは、引越し費用も高めですが、引越しの時期をずらせば、かなりおトクな料金で引越しすることができます。

 

物件数は少なめですが、じっくり探せば掘り出し物が見つかるかもしれないのがこの時期です。

 

オフ・シーズンに部屋探しするメリット
  • 不動産会社の対応が親切。
  • 家賃交渉や敷金・礼金交渉がしやすく、成功する確率がグッと上がる。
  • 引越し費用を安くできる。

 

賃貸物件探しに良い時期