仲介手数料の簡易計算式

MENU

仲介手数料講座【第3講】

仲介手数料講座

 

第3講のテーマは、なぜ「売買価格の3%+6万円」で仲介手数料が計算できるのか、についての解説です。

なぜ簡易計算式で仲介手数料が計算できるか

国土交通省は、仲介手数料を次のように定めています。

 

売買価格

(消費税を含まない)

仲介手数料

(消費税を含む)

200万円以下

5.4%以内の額

200万円超 400万円以下

4.32%以内の額

400万円超

3.24%以内の額

  • 2014年4月1日施行。
  • 仲介手数料を計算するとき、元になる売買価格は消費税を含まない。

 

しかし、実際に仲介手数料を計算するとき、わざわざ3つに分けて計算するのは面倒です。なので、物件価格が400万円を超える場合は、通常、簡易計算式が用いられます。

 

簡易計算式というのは、次の計算式です。

 

仲介手数料の簡易計算式

 

仲介手数料(税抜)=売買価格の3%+6万円

 

簡易計算式を税込価格で

 

仲介手数料(税込)=売買価格の3.24%+6.48万円

 

とする場合もありますが、これは次の式に書き換えられます。

 

仲介手数料(税込)
=[売買価格]×3.24%+6.48万円
=([売買価格]×3%+6万円)×1.08

消費税率が8%ですから、「1.08」を掛けることで税込金額が計算できます。

 

それでは、なぜ簡易計算式で、仲介手数料が計算できるのでしょうか。その「からくり」を解明しましょう。

 

「3%+6万円」のカラクリ

仲介手数料を計算するとき、元になる売買価格は消費税抜きの価格ですから、話を分かりやすくするため、物件価格は税抜価格とします。

 

国土交通省の定めた仲介手数料は、次のように書き換えることができます。

 

売買価格

(消費税を含まない)

仲介手数料

(消費税を含む)

200万円以下

5%+消費税

200万円超 400万円以下

4%+消費税

400万円超

3%+消費税

 

仲介手数料の簡易計算

 

  • 200万円以下の仲介手数料は5%ですから、仲介手数料3%との差は2%。金額にすれば、4万円です。
  • 200万円を超え400万円以下の仲介手数料は4%ですから、仲介手数料3%との差は1%。金額にすれば、2万円です。
  • 400万円以上の仲介手数料は3%ですから、差はゼロ。

 

つまり、売買価格に3%を乗じて、6万円(=4万円+2万円+0円)を加えれば、税抜の仲介手数料が計算できるわけです。

 

ですから、税抜の仲介手数料は、簡易計算式で計算できるのです。

 

仲介手数料(税抜)=売買価格の3%+6万円

 

一般的には税抜きで「3%プラス6万円」が使われますが、「正式」の簡易計算式は税込の「3.24%プラス6.48万円」の計算式となっています。仲介手数料が税込金額だからなのでしょう。

 

仲介手数料の簡易計算式