不動産売却依頼物件のレインズ登録情報・取引状況を売主も確認可能に

MENU

売主もレインズを見れる!

売却依頼した物件のレインズ登録情報について、今は売主自身が、インターネット上の専用サイトから確認できます。2016年1月より、レインズが運用を開始しました。

 

レインズとは、業界の物件情報データベース。レインズに登録されていれば、全国の不動産会社が売り出し物件の情報を知ることができます。

 

あなたが媒介契約した不動産会社以外の不動産会社も、そのエリアで物件を探している買い手に対して物件紹介ができるので、高く売れるチャンスが増えます。

 

レインズを運営するのは、国土交通大臣の指定を受けた次の4つの指定流通機構です。

  • 公益社団法人 東日本不動産流通機構
  • 公益社団法人 中部圏不動産流通機構
  • 公益社団法人 近畿圏不動産流通機構
  • 公益社団法人 西日本不動産流通機構

 

現在、それぞれのWEBサイトに「売却依頼主用の物件確認画面」が設けられ、「確認用ID」と「確認用パスワード」を入力すれば、自身の売却依頼物件について、レインズ登録情報を見ることができます。

 

専用確認画面を開くためのURLと物件ごとに付与される確認用IDとパスワードは、レインズから発行される登録証明書に記載されています。証明書は、媒介契約を締結した不動産会社から渡されます。

 

売主がネット上で確認できる対象物件は、専任媒介契約もしくは専属専任媒介契約した売り物件で、2016年1月以降にレインズに登録・変更・再登録された物件です。

 

売主がレインズの専用画面で確認できる情報

レインズの専用サイト上で売主が確認できる情報は、次の3つです。

 

  • レインズに登録されている物件情報
  • 登録図面
  • 取引状況

 

このうち取引状況については、売却依頼主専用確認画面の提供を開始に合わせて、新たに登録制度が導入されたものです。また、物件情報についても、登録する項目が拡充されました。

 

住宅の性能や品質などに関する情報項目を追加

中古住宅の評価を正しく行えるように、「住宅の性能・品質等に関する情報項目」が追加されました。

 

性能や維持管理状態の良い中古住宅の差別化を図り、中古住宅市場を活性化させる狙いですが、これにより、築年数が古い物件でも適切な維持管理をしていれば、それを反映した価格で売買される可能性が高まります。

 

住宅の性能や維持管理により適切に評価され、価値が高まるので、売主にとって大きなメリットがあります。

 

また、買主にとっても、このレインズ登録情報が不動産ポータルサイトにも反映されるので、検討したい中古住宅の性能や品質の情報が入手しやすくなります。

 

追加されるのは次の17項目です。ただし、これらの登録は任意となっています。

 

種別 項目 戸建 マンション
物件の性能 耐震基準適合証明書

長期優良住宅認定通知書

住宅性能評価書

建築確認完了検査済証

 
法適合状況調査報告書

低炭素住宅

省エネラベル

建物検査 瑕疵保険検査基準に適合

フラット35・S適合証明書

建築士等の建物検査報告書

住宅履歴 新築時・増改築時の設計図書

 
修繕・点検の記録

リフォーム 5年以内に水回り設備交換

5年以内に内装リフォーム

5年以内にその他リフォーム

 
5年以内に大規模修繕工事  

空き家バンク 空き家バンク登録物件

※近畿レインズの仕様変更を参考に作成。

 

取引状況(ステータス)管理を導入

取引の透明性を高め、売却依頼主の利益を保護する目的から、新たに「取引状況(ステータス)管理」が導入されました。

 

取引状況は、売主から媒介依頼を受けた不動産会社が、次の3種類から選択して設定します。

 

  • 公開中

    ⇒他の不動産会社からの問い合わせを受け付けている状態

  •  

  • 書面による購入申込みあり

    ⇒不動産会社が書面による購入申込みを受けた状態

  •  

  • 売主都合で一時紹介停止中

    ⇒売却依頼主の事情により一時的に物件を紹介できない状態

 

レインズに取引状況(ステータス)管理機能が導入されたことで、レインズを利用する他の不動産会社が取引状況を確認できるようになりました。売主も専用画面で、取引状況を確認できます。

 

「囲い込み」防止、取り引き透明化へ一歩前進

売主がレインズ登録情報や取引状況を確認できるようになったことは、物件情報の「囲い込み」を防ぐ手段を売主自身が手にしたことを意味します。

 

レインズに登録せず、自社で買い手も見つけて、売主と買主の両方から仲介手数料をせしめようとする不動産会社が少なくありません。

 

また、レインズに登録していても、他の不動産会社からの問い合わせがあったときに「すでに買い手が決まっている」などと平気でウソを言って、自社で買い手を探すといったケースもあります。

 

こうした「囲い込み」は、売主にとっては高く売れる機会が失われ、弊害が大きいものです。しかし、売主が常に目を光らせることで、不動産会社も「囲い込み」ができにくくなるでしょう。

 

不動産売却では、売却活動を不動産会社任せにせず、売主も積極的に関心を持つことが大切です。

 

レインズが新たなシステムを導入したことは、「囲い込み」を防止し、中古住宅の取引透明化へつながる一歩前進といえます。

 

あわせて読まれている記事

売却依頼物件のレインズ登録情報・取引状況を売主も確認可能に