大手不動産会社と媒介契約するメリット・デメリット

MENU

地元業者の方が高く売れやすい場合もある

不動産売却を任せる業者を選ぶうえで、大手か地元中小かは決め手にならないことはこちらで見たとおりです。それでも、やはり「大手の方が売れやすいのでないか」と思う方も多いでしょう。

 

ここでは、大手不動産会社と媒介契約するメリットを知ったうえで、場合によっては「地元の不動産会社に頼む方が、高く売れやすいケースがある」ことをご紹介します。

 

 

大手不動産会社に売却を頼むメリット

大手不動産会社は、レインズのような公的情報ネットワークの他に、大手だけでつくるネットワークや自社の店舗網を持っています。

 

また、大手不動産会社は資金力がありますから、店舗を駅前や商業地など便利な場所に構えています。広告もたくさん打つことができます。

 

一般論では、顧客情報(買手の情報)が多いのは、大手不動産会社の方です。自社のホームページも充実しているので、たくさんの人に物件情報を見てもらえます。

 

ですから、一般的には、大手不動産会社の方が、成約に結び付く可能性が高くなるといえるでしょう。

 

しかし、例外もあります。

 

こんなときは地元不動産会社の方が高く売れやすい!

例えば、地元の不動産会社が、特定の地域や物件に強い場合です。

 

古くから営業していて、その地域のことを隅々まで知り尽くしたベテラン営業マンがいるような地元密着の不動産業者には、大手といえども顧客情報量でかなわない場合があります。

 

そういう地元密着の不動産業者は、過去の取引情報が蓄積されていることに加え、買い手の情報をたくさん持っています。口コミなどで、自然と集まってくるのです。

 

また、不動産以外のことでも地元の情報に詳しく、大手の知らないような地域の情報をたくさん持っています。サービスにおいても勝っています。

 

顧客情報がピンポイントで集まるので、こういう不動産業者に売却を相談すれば、かなり高い精度で、売却価格や売却期間を知ることができます。早く良い条件で売却できるというわけです。

 

こういうケースもあるということを知らずに、「大手だから安心」と任せてしまうと、より高く売れるチャンスを逃してしまうことになりかねません。

 

大手不動産会社は、一般的に情報量は多いのですが、きめ細かな対応やピンポイントの情報量では、特定の地域に精通した地元の不動産会社には及ばないことがあるということを知っておきましょう。

 

どうやって特定の地域や物件に強い地元不動産会社を探す?

特定の地域や物件に強い不動産会社は、どうやって探せばよいのでしょうか?

 

いま住んでいる自宅を売る場合なら、「この不動産会社がいい」という話が耳に入るかもしれません。

 

しかし、不動産を売る人は多くありませんから、そういった情報は集めにくいものです。ご近所に売ることを知られたくないような場合なら、なおさらでしょう。

 

また、遠く離れたところにある物件(例えば、空き家になった実家や相続した不動産)を売却する場合などは、地域に精通した不動産会社を探すのは容易ではないでしょう。

 

そんなときは、不動産一括査定を使ってみましょう。大手不動産会社はもちろん、地元密着の業者も多く登録されているので、希望に近い不動産会社がきっと見つかります。

 

不動産一括査定について詳しくはこちら

 

あわせて読まれている記事

 

大手不動産会社に依頼するメリット・デメリット