相続税申告の税理士費用は遺産総額だけでは分からない

MENU

遺産総額だけで費用を聞いても意味がない

税理士事務所に問い合わせする女性

 

だれでも「費用が少しでも安い税理士事務所に頼みたい」と思うものです。そのため、税理士事務所に遺産の総額だけ伝えて、費用はいくらか、問い合わせする方が少なくありません。

 

こういう人は、税理士事務所が相続財産について詳しく話を聞こうとしても、相続財産の内容については話さず、「他の税理士事務所では○○万円というところが多いけど、おたくなら、いくら?」と、何件も問い合わせをし続けるのです。

 

相続税の申告を任せると決めたわけでもない税理士事務所に「遺産の内容を詳しく言いたくない」気持ちは分かります。

 

しかし、こういう問い合わせの仕方は、ほとんど意味がありません。なぜなら、この手の問い合わせに対しては、ほとんどの税理士事務所が、遺産総額の1%で見積もりを出すからです。

 

相続税の申告費用は、遺産総額の0.5%〜1%が相場です。調査に手間がかかるような財産があれば、費用は高くなります。相続財産の内容が分からないと、税理士事務所は、手間がかかるケースを考慮して高めの1%で見積もりを出すのです。

 

こうして、どの税理士事務所も、ほぼ同じ金額を提示しますから、費用は横並びになってしまいます。費用を安く提示する税理士事務所が現れるまで、問い合わせを続けてしまうことになります。

 

税理士費用を知りたいなら相続財産の内容を税理士に知らせる

税理士費用を知りたいなら、相続財産の内容を税理士に詳しく知らせることが大切です。相続財産の内容が分かれば、費用が安くなるケースもあります。

 

税理士事務所の費用は、一般に遺産総額の何%とされますが、財産の相続税上の評価に手間のかかる場合は費用が高くなり、そうでなければ安くなります。つまり、財産の内容が明らかになって初めて、税理士事務所は正確な費用を算出できるのです。

 

相続財産の内容が分からない税理士事務所は、だいたい「遺産総額の1%」で費用を提示しています。もし、財産の相続税上の評価に手間がかかるようなものがなければ、それよりも費用が安くなる場合もあり得るのです。

 

費用だけで税理士事務所を選んではいけない

重要なのは、相続税納税額と税理士費用、不動産の名義書換費用など全てを除外して、いくら手元に残るかということで、税理士を選ぶことです。

 

相続税に強い税理士事務所と一般の税理士事務所では、相続税納税額に大きな差が出ます。相続税の申告で大切なのは、相続財産を評価する力です。もっといえば、評価減できる実力です。

 

相続税に強い税理士事務所は、費用は少々高くなるかもしれませんが、相続税を大幅に縮減させることができます。結果的に手元に残る分が多くなり、トータルで考えると、断然トクすることが多いのです。

 

 

遺産総額だけでは税理士費用は分からない

 

相続税申告の税理士費用は遺産総額だけでは分からない関連ページ

相続税に強く費用が安い税理士事務所
相続税の相談無料で、相続税に強い、申告報酬(費用)が相場より安い、おすすめの税理士事務所をご紹介。
税理士報酬の相場と税理士選びのポイント
剃族税申告の税理士報酬の相場と、相続税の申告にあたって、税理士選びでこれだけは知っておきたいポイントをまとめています。