不動産を高く売るための適正な売却期間

MENU

高く売りたければ、2〜3ヵ月が勝負

「高く売りたい」からといって、相場より、はるかに高い価格で売り出しても、売れるものではありません。

 

とても個性的な物件で、その価値を認める人がいれば別ですが、通常は、あまりにも高い価格で売り出すと、見向きもされず「いつまでたっても売れない」リスクをともないます。

 

逆に、「いつまでに確実に売りたい」というなら、市場から見て明らかに安い価格で売り出せば、早く売ることは可能です。

 

「高く売ること」と「早く売ること」は、トレードオフの関係にあります。

 

一般的には「売却の期限」がある

通常は「売却の期限」というものがあります。「何年かかってもいいから、この価格で買ってくれる人が現れるまで待つ」というわけにはいきません。

 

例えば、新しい家を購入するので、その購入資金に売却代金をあてるとか、実家を相続したので、遺産分割や相続税の支払いに売却代金をあてるとか、だいたい何ヵ月で売りたいという期限があります。

 

一般的に「できるだけ高く売るための適正な期間」は2〜3ヵ月といわれます。

 

売却物件の情報を市場に出せば、「その物件に以前から興味があった」とか、「探している条件にピッタリ」など、意欲の強い「買い手候補」は、売り出して1ヵ月以内に内覧に来ます。

 

売り出し開始から1ヵ月以内に問い合わせピークがあるように、しっかりと「やるべきこと」をやることが重要です。

 

そのうえで、様子を見ながら、価格の改定(値下げ)を行っていくことになります。

 

3ヵ月を過ぎると、「できるだけ高く」という希望を叶えるのは難しくなります。価格を下げざるを得なくなるからです。売り出して2〜3ヵ月が勝負です。

 

値下げを考える前にやるべきこと

値下げの前に、「やるべきことをやる」ことが大切です。「不動産仲介業者がやるべきこと」と「売主がやるべきこと」があります。不動産業者がやるべきことをやったか、売主がチェックすることも必要です。

 

不動産仲介業者のやるべきこと

媒介契約の形態によって、不動産仲介業者には様々な義務が定められています。例えば「専任媒介」なら、レインズに1週間以内に登録するとか、2週間に1回以上、販売活動について売主に報告する、といったような義務です。

 

しかし、形式的に報告しても、中身をともなわなければ意味がありません。重要なのは、販売活動の中身です。

 

例えば、

  • 大手不動産会社のホームページや大手ポータルサイトに掲載されているか
  • 物件広告が、その物件の魅力を伝え、買いたいと思える内容になっているか
  • 近隣エリアの不動産仲介業者に物件の告知がされているか

など、不動産仲介業者に報告を求めることも大切です。

 

また、マンション売却の場合なら、同じマンション内へのチラシのポスティング、近隣の賃貸マンションへのチラシの配布などを行ったかどうかも重要なチェックポイントとなります。中古マンションの購入者は、同じエリアの住人が購入するケースが多いからです。

 

売主のやるべきこと

中古住宅の売却の成否は、物件の印象にも左右されます。売主としては、部屋をキレイに見せ、内見を受けることも大切なポイントです。

 

空き家・空き室のままより、家具などを配置して、生活スタイルがイメージできるようにしておくことも効果的です。内見中の会話も弾みます。

 

家具や小物などでモデルルームのように演出する「ホームステージング」を検討するのも良いでしょう。

 

居住中に内見してもらう場合は、できるだけ物を少なくし、家族写真や子どものおもちゃなど、売主のプライベートを想像させるものは片づけておきましょう。

 

水回りなどに汚れがある場合は、専門業者にクリーニングを依頼することも必要です。部屋のニオイにも気をつけましょう。飼っていたペットのニオイが残っていては、購入する気にはなりません。

 

物件のアピールシートや説明パネルなどを部屋の要所に設置することも有効です。

 

不動産仲介業者の営業マンは、売主の大切なパートナーです。コミュニケーションを密にして、気軽に話し合える関係を築くことも大切です。

 

おすすめのページ

 

不動産を高く売るための適正な売却期間

不動産を高く売るための適正な売却期間は2〜3ヵ月関連ページ

「家売るオンナ」に学ぶ家の売り方
北川景子さん主演の「家売るオンナ」に学ぶ中古戸建住宅や中古マンションの売り方、家を探している人の本当の思いに寄り添えば売れることをご紹介。
不動産売却を成功させるには販売戦略が大切
不動産の売却を成功させるには、販売(売却)戦略が最も大切です。販売戦略がない、単に広告を出すだけの販売活動では、希望する価格での売却は難しくなります。
中古マンションを購入する人の特性を知って売る
中古マンションを売却するなら、中古マンションを購入したいと考えている人の特性を知って販売活動することが大切です。
不動産売却で価格を下げるタイミング
不動産を売りに出すと、価格を下げざるを得ないときがくるものです。値下げするとしたら、いつがいいのでしょうか?
媒介契約している不動産会社・仲介業者を変更する方法
自分の物件は高い価格設定をしているわけでもないのに売れない、というとき、売却を頼んでいる不動産仲介業者を変えるべきか悩むことがあります。そんなとき、どうすればいいのでしょうか?