媒介契約している不動産仲介業者を変更する方法

MENU

媒介契約は3ヵ月で切れる

媒介契約した不動産会社が、販売活動をしっかりしてくれないなら、他の不動産会社に変更することができます。

 

不動産仲介会社との間で交わした媒介契約は、売主が更新の意志を示さなければ、3ヵ月で自動的に切れます。そのときに、別の不動産会社に乗り換えることができます。

 

また、契約期間内であっても、仲介業者が誠実に業務を遂行しないときは、売主の方から契約を解除することができます。

 

すべての媒介契約で有効期間は3か月以内

媒介契約の有効期間や契約の更新・解除の仕方は、3種類の媒介契約(専任媒介・専属専任媒介・一般媒介)のどれも同じです。

 

法律(宅建業法 第34条の2)では、専任媒介についてのみ、契約の「有効期間は三月(3ヵ月)を超えることができない」と定められています。

 

そのため、一般媒介契約の場合には、有効期間に制限がないかのように誤解されることが多いのですが、国土交通省の示している「標準媒介契約約款」では、3種類の媒介契約すべてについて、契約の有効期間は、3ヵ月を超えない範囲で、売主と仲介業者の協議のうえで定めると規定されています。

 

また、媒介契約の更新や解除についても「標準媒介契約約款」に規定があります。これも3つの媒介契約について同じです。

 

媒介契約の更新

媒介契約の更新をしようとするときは、売主から仲介業者に対し、「文書でその旨を申し出る」とされています。仲介業者が勝手に延長することはできません。延長する契約の有効期間の上限も3ヵ月です。

 

媒介契約の解除

仲介業者が、契約した業務を誠実に遂行しないときや、重要な事項について事実と違う報告をしたときなどは、売主の側から契約を解除することができると定められています。

 

「標準媒介契約約款」全文はこちら

  国土交通省のウェブサイトにリンクしています。

 

安心して任せられる仲介業者を探すには?

不動産仲介業者の中には、不誠実な対応をする業者も少なくありません。では、優良な仲介業者を探すには、どうすればいいのでしょうか?

 

おすすめの方法は、不動産の無料一括査定を利用することです。不動産一括査定にもいろいろありますが、イチオシは『イエイ』です。

 

『イエイ』に登録できる業者は、独自の厳しい審査基準をクリアした業者のみ。不適格業者は最初から審査で落とされ登録できませんから、優良な不動産仲介業者ばかりです。

 

しかも、複数の不動産仲介業者に、まとめて査定依頼できるので、その中からあなたが納得できる業者を選べばいいのです。利用は無料です。後々、しつこい営業活動もないので安心して利用できます。

 

【参考】不動産一括査定を利用すると業者からしつこい電話や勧誘が心配

 

不動産一括査定を利用して査定を依頼すると、その中の不動産会社と必ず契約しなければいけないということもありませんから、気軽に利用してみてください。

 

不動産の無料オンライン一括査定『イエイ』の詳細はこちら

 『イエイ』の特徴や利用の仕方、どんな人が利用しているかをご紹介しています。

 

媒介契約している不動産会社を変更したいとき

媒介契約している不動産会社・仲介業者を変更する方法関連ページ

「家売るオンナ」に学ぶ家の売り方
北川景子さん主演の「家売るオンナ」に学ぶ中古戸建住宅や中古マンションの売り方、家を探している人の本当の思いに寄り添えば売れることをご紹介。
不動産売却を成功させるには販売戦略が大切
不動産の売却を成功させるには、販売(売却)戦略が最も大切です。販売戦略がない、単に広告を出すだけの販売活動では、希望する価格での売却は難しくなります。
中古マンションを購入する人の特性を知って売る
中古マンションを売却するなら、中古マンションを購入したいと考えている人の特性を知って販売活動することが大切です。
不動産を高く売るための適正な売却期間は2〜3ヵ月
家やマンション、土地など不動産を、できるだけ高く売るための適正な期間は、通常2〜3ヵ月です。
不動産売却で価格を下げるタイミング
不動産を売りに出すと、価格を下げざるを得ないときがくるものです。値下げするとしたら、いつがいいのでしょうか?