不動産売却のコツ

MENU

できるだけ「高く」「早く」売却したい

「不動産を買ったことはあっても、売るのは初めて」という方がほとんどでしょう。

 

ここでは、土地・住宅・マンションなど「不動産をできるだけ良い条件で売却するコツ」をご紹介します。

 

 

もっとも大切なのは不動産会社選び

もっとも重要なのは、売却を依頼する不動産会社と担当者選びです。どの不動産会社に頼んでも同じではありません。販売戦略と誠意をもって売却活動してくれる不動産会社と担当者を選ぶことが大切です。

 

もちろん、1つの不動産会社に絞らず、複数の不動産会社に売却を依頼することも可能です。

 

ただし、その場合、不動産会社は、コストをかけた販売活動が消極的になる傾向があります。不動産会社にしてみれば、自社を通して成約に至るかどうか分からないため、報酬(仲介手数料)が確実に入る見通しが立たないからです。

 

1つの不動産会社と契約するか、複数の不動産会社と契約するか、不動産会社との媒介契約は慎重に考える必要があります。

 

また、「価格はこだわらないから、とにかく早く売却してしまいたい」という場合は、不動産会社による買い取りという方法もあります。ただし、買い取りの場合は、不動産会社が仲介して買主を探す場合に比べて、売却価格は安くなります。

 

 

不動産売却の流れや査定の予備知識を持って情報武装

高く売るためには、契約している不動産会社が「やるべきことをやっているか」をチェックできるだけの知識を備えておくことが大切です。

 

このことは、不動産会社選びでも役立ちます。不動産会社選びで大切なのは、「高い査定価格を付けてくれるかどうか」でなく「何をやってくれるか」です。

 

不動産の売却が、どのような流れで進められていくのか、その節目で注意すべきポイントをおさえておくことが重要です。

 

不動産会社が「売れそうにないので価格を下げませんか?」と言ってきたら、どうしますか?

 

確かに売り出し価格は、少し高めに設定するのが一般的です。反応がなければ、価格を下げる場合も出てきます。しかし、それは販売活動を任されている不動産会社が、やるべきことをやった上での話です。

 

不動産会社が、レインズに登録しない、広告を打たない、こういったケースは珍しくありません。

 

こういった不動産会社は、何もしないで「売れそうにないから価格を下げましょう」というのです。不動産会社にとっては、「高く売る」ことよりも「早く売る」ことの方が重要ですから、価格を引き下げて早く売ってしまいたいわけです。

 

悪徳不動産会社の言いなりでは、高く売れるものも、安く買い叩かれてしまいます。売却活動で不動産会社が「やるべきこと」が何なのか、しっかりおさえておきましょう。

 

宅建業の資格が取れるほどの知識は必要ありませんが、ある程度の予備知識を備えておくことは、大切な不動産をできるだけ高く売るために必用なことです。

 

 

「不動産無料一括査定」を活用する

不動産売却を成功させる第一歩は次の2つです。

  1. 査定を依頼して、おおよその価格感をつかむ。
  2. 誠意を持って売却活動してくれる仲介業者を探す。

 

そのためには、複数の不動産会社に査定を依頼することがポイントです。とはいえ、信頼できる不動産会社を探して、1社ずつ査定を依頼していくのは大変です。

 

そんなとき便利なのが「無料一括査定」です。ネット上で必要事項を入力すれば、複数の不動産会社にまとめて査定依頼できます。

 

しかも、提携している不動産会社は、審査をクリアした優良業者ばかり。悪徳不動産業者は最初から排除されているので安心です。

 

一括査定を利用すれば、簡単に査定価格を比較できるだけでなく、相場も分かります。さらに、不動産会社と担当者の対応も比較することができるので、安心・信頼して任せられる不動産会社を選ぶことができます。

 

不動産の無料一括査定について詳しくはこちら

 

ローンの支払いができなくなって売却をお考えの方

ローンの支払いができなくなって住宅やマンションを売却する場合には、特別の対応が必要です。

 

一般の不動産会社では対応できない場合がほとんどですから、専門の機関に相談することが大切です。

 

ローンを支払えなくなって自宅や投資物件の売却をお考えの方はコチラ

 

関連ページ

不動産売却のコツ